ご香典金額 葬儀葬式 初七日 21葬祭.com
21世紀の葬祭〜知っておくべき現実と私の考える「後悔しないお葬式のコツ」

ご香典金額 葬儀葬式 初七日 21葬祭.com
思いもよらない時、突然必要になるお葬式。
もしもあなたが本当にお葬式について考えなくてはならなくなった時のために
管理人の考える後悔しない葬祭のコツと現在の必須知識をお伝えする
ここは葬祭業者の自社宣伝サイトとはちょっと違う
厚生労働省認定1級葬祭ディレクター資格を持つ葬儀業界歴十数年の管理人
が仕事抜きで運営しているサイトです。

初七日の法要


お亡くなりの日から六日目の晩を逮夜(たいや)といい、宗派によっては
逮夜法要を重要視する場合もありますが、最近では初七日の法要は
逮夜と合わせて、どちらかの日に営まれる様です。


近親者、親族、場合によってお世話になった友人、知人にもおいで頂き、
お寺様による読経、すべての参列者による焼香、その後に茶菓子や
精進料理でもてなします。(地方によってはこの日を「精進落とし」として
生臭物を使った料理でもてなしたりします)。


お亡くなりの日を一日目に数えて七日目が初七日です。(関西では
お亡くなりの日の前日から数える場合もあります)


お亡くなりの日を一日目に数えて七日目というのは実際には葬儀から三、
四日後ということが多く、ご遠方のご親戚のご都合もあり初七日の法要を
葬儀と併せて、もしくは葬儀当日の還骨回向の法要に併せて行うことが
非常に多くなりました。(付け七日、取り越し初七日などとよばれることも
あります)


法要の順序
着席
故人と関係の深い人から前に座るのが基本ですが、葬儀のときとは違い
それほど厳密にする必要はありません。目安として喪主、遺族、親族、
友人、知人の順でお座り下さい。


お寺様のお勤め〜焼香
ご焼香は喪主様から順次、席順にてお願い致します。


会食
法要後の会食の際の席順は、最上座にお寺様、続いて故人との続柄の
近い順などに、年齢なども考慮してお座り頂く席順を決めます。


※この会食の際は、喪主様は初七日の法要においで下さった方を
もてなす立場にありますので、喪主様の席順を下座にする場合もあります。

すべてのご訪問者さまへお聞きいただきたいお話があります。

ご香典金額 葬儀葬式 初七日 21葬祭.com
21葬祭.comのトップページに戻ります
www.21sousai.com/